介護保険制度とは?

介護保険制度とは介護が必要な人に支給される保険です。
また介護保険には民間と公的があり民間の介護保険の場合加入対象や給付対象に年齢制限がなく保険金が支払われます。一方公的の介護保険は加入対象年齢が40歳以上、給付対象は65歳以上で給付は介護サービスで受けます。
わかりやすく言うと公的介護保険のサービスでは補えないものについて民間介護保険が現金によって補ってくれるということですね。

2012年 介護保険制度改正について

介護保険制度の知りたい情報は?

介護保険の住宅改修について・・・住宅改修の内容から種類、流れ、注意点など。
介護保険 訪問介護・・・訪問看護の申請方法から種類まで訪問看護にまつわる事柄。
介護保険 申請・・・誰に申請するの?どこに、資格は、必要書類は?
介護保険 介護報酬・・・介護報酬の限度額、支給限度基準など。
介護保険 健康保険・・・健康保険と介護保険の関係について。
介護保険 社会保険・・・社会保険と介護保険の違いについて。
介護保険 福祉用具・・・福祉用具の内容、支給額、種類、レンタル対象用具一覧など。
介護保険 生活保護・・・生活保護と介護保険の関係、生活保護者の介護保険法の適用など。
介護保険 特定疾病・・・特定疾病の定義・内容、特定疾病となる病名一覧など。

介護保険制度総合情報(外部サイト)・・・はじめて介護保険を利用する人向けにわかりやすく解説しているサイト。

介護保険制度をもっと詳しく

誰が払ったお金で誰が支給をうけるの?

<支給対象者は?>
支給を受けるのはもちろん介護が必要な国民ということになります。
しかし全ての国民ではありません。下記参照。

65歳以上の者(要介護、要支援状態の者)
40歳から64歳までの医療保険加入者(要介護、要支援、末期がん、リウマチなど加齢に関係する病気のみ)

<支払対象者は?>
払うのも国民です。
介護保険を支払うのは40歳以上の方ですが年齢によって支払い方が異なります。下記参照。

65歳以上の者・・・原則年金から天引きされて市町村に支払われます。これを第一号被保険者と言います。
40歳~64歳の者・・・国民健康保険・健康保険組合などから支払われます。これを第二号被保険者と言います。

介護保険制度で支給が受けられるサービスは?

在宅サービス(訪問介護や通所介護など)
地域密着型サービス(夜間対応型訪問介護や認知症対応型共同生活介護など)
施設サービス(老人福祉施設や老人保健施設など)

これらのサービスを介護利用者は市町村に請求することにより市町村から費用の9割を支給してもらえるという仕組みです。

自己負担も怖くない!介護のささえになる保険選び!br> 保険市場

2011年10月29日