介護保険 ベッド(貸与・内容など)

 

・ベッドは車椅子と同様、軽度者(要支援1または2、要介護1)の場合、給付対象外となる。

・ただし、同様に「例外給付」の対象でもある。

 

 

・ベッドの福祉用具貸与について

 

福祉用具全般については以下のページを参照してください。

→介護保険 福祉用具

 

次に、福祉用具の例外給付については、以下のページに記述がありますので参考にしてください。

→介護保険 福祉用具貸与について

 

平成18年4月に介護保険法が改正において、軽度者(要支援1または2、要介護1)について、その状態像から使用が想定しにくい種目は、保険給付の対象外となりました。

これにはベッドも含まれています。

 

よって、軽度者は基本的には「ベッドの貸与が受けられない」ということになります。

しかしながら、これら軽度者であっても状態によってはベッドの貸与が妥当であると客観的に判断できる場合も当然あります。

 

そこで、介護保険制度においては、軽度者であっても一定の条件を満たす方に対しては、例外的に介護保険サービスの下で福祉用具の貸与を認めることとなっています。

 

 

詳しくは以下のページの「例外給付」の項目を参照していただければよいと思います。

→介護保険 福祉用具貸与について

 

しかしながら、これはあくまでも「例外的措置」であるため、手続には時間と手間を要します。

さらに、判断は市町村に一任されているため、対応もまちまちです。

同じ症状・状態でも申請が通るところと通らないところが出てくるものと思います。

 

介護支援専門員と相談の上、区分変更により要介護度の変更が可能ならば、そちらを優先して考えたほうが良いかもしれません。

自己負担も怖くない!介護のささえになる保険選び!br> 保険市場

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ