介護保険 手すり(住宅改修)

 

・住宅改修による手すりの取り付け

 

介護保険には住宅改修に掛かった費用を補助する制度があります

これは支給上限基準額を20万円として、費用の9割が補助される仕組みです。

 

掛かった費用が20万円を超える場合、超えた部分例:30万円掛かった場合、支給上限基準額20万円を超えた10万円の部分は全額自己負担になります。

また、目的に反したものや必要以上の機能を備え付けたものも補助の対象外になります。

 

 

基本的に手すりの取り付けは、住宅改修の一般的な流れに沿って行われます。

以下のページに住宅改修における一般的な流れ・申請手順が記載されていますので、そちらを参照してください。

 

→介護保険 住宅改修

自己負担も怖くない!介護のささえになる保険選び!br> 保険市場

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ