介護保険制度 概要

介護保険制度の概要について説明しましょう。

介護保険制度とはその名のとおり介護が必要な時に支給される保険です。
現在では高齢化が進んでおり介護者の増加がもちろん核家族の進行で家族からの介護が難しい方や家族が居ても介護をする人が高齢などの問題があり
介護保険を創設する経緯となった。

介護保険制度対象となるサービスは

■老人福祉のサービス

・特別養護老人ホーム
・ホームヘルプサービス
・デイサービス

■老人医療のサービス

・老人保健施設
・療養型病床群
・一般病院など
・訪問介護
・デイケア

などです。

介護保険制度の経緯

従来では様々な問題点がありました。
例えば老人福祉については市町村が提供機関や種類を決めてしまうため利用者本人がサービスを選択できない事や所得調査が必要なである事で抵抗感が出てしまうなどの問題があった。
また市町村の委託により福祉サービスを行っているため競争原理が働かなくサービスが画一的になってしまう。
そして収入に応じた利用者負担があるため中高所得者には負担が重くなってしまっていた。
老人医療については利用者の長期入院の問題、逆に居室が狭い、食堂や風呂がない等の長期療養の場として体制が不十分である事などもあげられていた。

■介護保険制度はこういった問題から下記のように改善されています。

・利用者本位・・・利用者の選択で保険医療サービス、福祉サービスをうけられる
・社会保険方式・・・給付と負担が明確な社会保険方式を導入。所得に関わらず利用者は1割負担。
・民間事業者・・・民間企業、農協、生協、NPOなど様々な事業者がサービスを提供できるようになった。
・医療と福祉・・・ケアプランを作って医療と福祉のサービスを総合的に利用できるようになった。

などがあげられる。また介護保険制度では介護ケアのみだけではなく高齢者の自立も支援することを理念としている。


自己負担も怖くない!介護のささえになる保険選び!br> 保険市場

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ